脂性肌の原因

脂性肌の原因には、食事と食生活が関係しています。食生活が脂性肌に与える影響としては、皮脂の過剰分泌を誘発する食べ物の摂りすぎと、過剰な皮脂分泌を抑えて皮脂を適性にコントロールする栄養素の不足が考えられます。中性脂肪になりやすい食品としては、動物性脂肪の多い食品に、バター、生クリーム、チーズ、卵、脂身の多い肉類などがあり、砂糖、果糖を多く含む食品などがあります。中性脂肪になりやすい食品を多く摂ると、皮脂の分泌が増加するので、食生活では、脂質の過剰摂取は避けるべきです。特に、飽和脂肪酸を多く含むバターや牛脂、ラード、肉類などは摂りすぎないよう気を付ける必要があります。血糖値を急上昇させる食品も危険で、血糖値が急上昇するとインスリンが分泌されます。インスリンは皮脂腺を刺激し、皮脂の分泌を促進します。脂性肌の人は、小麦粉、白米、パン、麺類、お餅、お菓子など甘いものは、できるだけ控えることです。また、マッシュポテト、ポテトチップス、フライドポテトなどもよくありません。どうしても脂っこいものは外せない人は、脂ののった魚に置き換えるとよいでしょう。アニメグッズ買取宅配

混合肌になってしまう原因とは

混合肌になってしまう原因は、外的要因と内的要因があります。外的要因として考えられるのが、紫外線、エアコンによる乾燥、喫煙、アルコールなどです。他にも、食生活や間違ったスキンケアや化粧品の不具合などがあります。外部からの刺激と言えば、紫外線が特に大きく、混合肌になってしまう最大の原因になっています。Tゾーンは紫外線の影響を受けやすく、皮脂の分泌が活発になります。混合肌でTゾーンの皮脂の分泌が過剰になっていると、皮脂が紫外線で酸化し、皮膚炎を引き起こすことがよくあります。エアコンや過剰なスキンケア、肌に合わない化粧品を使用していると、混合肌になりやすくなるので気をつけないといけません。混合肌の内的要因として考えられる原因には、ストレスとホルモンバランスの乱れがあります。ストレスが溜まると肌に悪影響をきたし、目に見えて状態が悪くなることがあるので気をつける必要があります。ストレスが慢性化すると、体内に活性酸素が多量に発生することになります。肌の免疫力が低下すると混合肌になりやすくなり、ニキビ・しこりができやすくなります。
参考サイト:顎ニキビ・大きいしこりが痛い!かゆい!原因と治し方